hate_photos_cameras

他人の目を通して自分を意識

人間はカメラを向けられると「他人の目」を意識します。

それと同時に「他人の目を通した自分」も強く意識させられます。

社会学者チャールズ・クーリーは、これを「鏡映的自己」と呼びました。

「自分とはどういう人間か」を知るには、他人の存在、他人から見た自分というのも重要になるのです。

例えば、「私はやさしいタイプ」と思えるのも、まわりの人の存在があってこそ。

友達を気遣ったときに喜んでもらえたり、周囲から「あなたってやさしいね」と言われたりすることで、「自分はやさしい」というイメージをつくるのです。

私たちは、自分自身を常に意識しているわけではありません。

意識するのは、カメラを向けられたときや、大勢の前に立ったとき、まわりの注意が自分に向いていると感じたときが主です。

このとき、「他人からこう見られたい」という理想が高い人は、現実の「自分」を強く意識させられる状況に耐えられず、その場を逃れたくなります。

つまり、カメラや写真を嫌がる人は、理想と現実のギャップを大きく感じている人。

自分のことを誰かに見られることや、客観的に見つめることを避けるタイプだと言えます。

説得に効く「他人の目」

頼みごとをする時「○○さんもあなたをほめてたよ」など、第3者を会話の中に登場させると効果的です。

相手は、2人で喋っているとき以上に「他人の目」を強く意識します。

既に出来ている「よいイメージ」を壊したくないため、断り辛くなるのです。

 

カメラを向けられたらどう反応する?

あなたは写真が苦手なタイプですか?キメ顔で写るタイプですか?

カメラを向けられたときの反応として、代表的なものとその心理状態を見てみましょう。

1.写りたがらない

理想が高すぎるか、自分に自信がない。カメラを向けられると、鏡映的自己(他人に見られている自分)を意識するため、理想と現実のギャップを感じている人は耐えられなくなる。

このタイプは、鏡を見ることや、自分が写っている写真を見るのも苦手。

2.キメ顔で写る

いつも同じ顔や角度で写る人は、ナルシストの傾向あり。

3.変顔で写る

カメラを強く意識した結果一種の照れ隠し。自己主張が強い。

4.自然体で写る

自己顕示欲が弱く協調性があり控えめ。

 

どちらを向くかで印象は変わる?

脳は右脳と左脳に分かれており、感情を司る右脳は体の左側を支配し、論理的な思考を司る左脳は体の右側を支配しています。これにより、顔のどちら側を見せるかによって印象が変わります。

  1. 顔の左側を見せる→やさしくソフトな印象になる。
  2. 顔の右側を見せる→理知的でクールな印象になる。

Twitterでフォローお願いします

おすすめの記事