苦手な人と接するときや、話の輪に入れないときなど、居心地の悪さを感じている状況で、つい腕組みをしていませんか?

「手や脚には本音があらわれる!」と言われるくらいで、腕を組むというのは「壁」を作ろうとするケースが多く見られます。

俯瞰して見てみると分かりますが、相手と自分の間に腕を置けば、パーソナルスペースが広がります。

https://psy.firenium.com/arms_psychology/

Twitterでフォローお願いします

おすすめの記事