anger_achieving_inner_peace

外的要因があなたを動揺させ、怒りを感じて何時間経っても発情したままの状態が続いてしまう事があるかもしれません。

打ち勝て、乗り越えろ、処理しろ、このようなフレーズをよく耳にします。

怒りを解消する方法を見つけるのは確かに良いことですが、方法がわからない人も少なくありません。

場合によっては、その怒りを何年も抱え込んでしまう人もいます。

いくら訓練しても、どうして人は怒りを手放せないのだろう?と思うこともありました。

これは、習慣に基づくものと科学に基づくものにそれぞれ答えがあります。

 

感情の解放とユダヤの慣習

多くの人にとって新しい年や年度が始まり、季節の変わり目に感じられる頃、ユダヤには新年を祝うのに、流水に石を投げる習慣的な贖罪の儀式があります。

投石

笑ってしまうかも知れませんが、これはタシュリーフと呼ばれており、「キャストオフ」(脱ぎ捨てる)という意味です。

伝統的に、ユダヤの新年であるロシュ・ハシャナと呼ばれる日の午後に、大きな自然の水(川、湖、海、海など)、流水に石を投げ入れることだそうです。

これは闇雲に水辺に石を投げ入れストレスを発散している訳ではなく、石を投げることは、幸せ、成長、成功を妨げている人生のあらゆる側面を手放すことを意識しています。

感情、アイデア、人、行動パターン、そして自分自身の不要な部分を戒め、自分の罪を水源に投げ込んでいます。

信仰心にかかわらず、手放すという概念は、内なる平和を達成するために非常に重要です。

怒りを抱え込むと、健康に悪影響を及ぼすことがあります。

このように、家族、友人、患者、さらには見知らぬ人にも、いくつかの石を集めて投げ、喜び、幸福、健康、夢の達成などを妨げているものを手放すために時間を取ることをお勧めします。

 

怒りの抑制と抑圧の違い

抑制されている感情と抑圧されている感情の違いは、その感情を意識しているかどうかです。

抑制された怒りは、あなたが怒っていることを知っていて、それを発散しないように最善の方法を知っているときです

例えば、スピード違反で警察官に止められたとき、怒りを感じるかもしれませんが、それを警察官に表現するよりも、あなた自身がどう対応すれば良いかよく知っています。

 

抑圧された怒りは、あなたがどのようにして怒ったか分からなかったり、傷ついていることに気づいていない場合であり、無意識に感情が内在化されています。

何かが抑圧されているとすれば、それは行動が抑制されているか、押さえつけられているという事です。

感情が抑圧されている時は、それを内側に保持しているので、自分がどう感じているかを他人に示す必要はありません。

通常これは挑発されない限り表面化しません。

これは、激しい口論をしているカップルによく見られるもので、片方がトイレを使った後になぜ便座を下ろせないのかなど、相手が気付いてもいないような出来事や状況を持ち出す状況のことです。

 

内なる平和を達成する方法

怒りは激しい感情や不合理な思考をもたらし、嵐のように多くの記憶の破片をかき集めます。

一度怒りが爆発してしまったら、それを止めるために出来ることはほとんどありませんし、その瞬間あなたは何かを判断する事自体できません。

海がやがて平穏に戻るように、時間と空間が必要です。

こういった事実を理解する事で、初めてあなたの成功、成長、内なる平和を妨げている問題を解放する事ができます。

これは、怒りの原因となったものを手放すことに当てはまり、より落ち着いた、より心のこもった、平和的で合理的な方法と環境で対処する必要があります。

 

怒り自体は、内的な出来事と外的な出来事の両方によって引き起こされる正常な感情です。

誰でも怒ることはありますが、それが暴走して破壊的になると、問題を引き起こしたり、人生に影響を与えたりします。

なので怒りにどう対応するのかがカギになるのです。

怒りを抑えるのではなく、効果的な怒りのマネジメントを学ぶことで、よりポジティブなエネルギーと心の平穏が得られるようになります。

そのためには様々な方法があり、以下はその一部です。

  • 祈り/スピリチュアルコーチング
  • 調和/ヨガ
  • 心理療法・集団療法
  • サポートグループへの参加
  • 心拍変動呼吸
  • エクササイズ
  • 森の中やビーチでの長い散歩
  • ニューロフィードバック

人は怒りの感情に対処するため、意識的なプロセスと無意識的なプロセスの両方を使います。

怒りを処理して対処するためには「表現」「抑圧」「鎮静」の3つのアプローチがあります。

 

怒りを正しく表現する

攻撃的になったり、感情を完全に無視するのではなく、健全な、アサーティブ(相手に配慮した自己主張)な方法で怒りを表現する必要があります。

そのためには、自分の言い分を受け入れたり、怒りの原因を内在化させるのではなく、物事が起こったときにその原因に対処することで達成できます。

他の人を傷つけることなく、自分のニーズを満たす事を表明する方法を学ぶ必要があります。

 

怒りの抑制

怒りは抑制された後、変換されたり、リダイレクトされたりすることもあります。

これは、あなたがあなたの怒りを保持し、それについて考えるのをやめ、何かポジティブなことに集中したときに起こります。

目標はあなたの怒りを抑え、より建設的な行動に変えることです。

しかし、怒りを表に出さないことで、怒りは自分自身に向けられます。

怒りが内向きになると、高血圧やうつ病などの健康問題を引き起こす可能性が高まります。

 

心を落ち着かせるテクニック

最後に、鎮静化があります。

これは単にあなたの行動をコントロールするだけではなく、あなたの内部的な反応をコントロールすることでもあります。

上記で箇条書きにしたように、心拍数を下げるための深呼吸など、効果的な鎮静法を試してみましょう。

 

怒りの解決策

自分の望む変化を実現し、目標を達成するためには、今まで耐えてきた痛みや、平和と平穏への道に立ちはだかる問題を手放す必要があります。

怒りに満ちた荒波に投石するのは非生産的なのと同じで、然とした環境の中では心の安らぎを得ることはできません。

怒りを解き放つのは、時間や場所が適切なときだけにしましょう。

他にも怒りを改善するための考え方や方法が存在します。自分に合う形を見つけましょう。

 

Twitterでフォローお願いします

おすすめの記事