psychology_video_game_addiction

コロナ禍の影響でスマホゲーム(ソシャゲ)が伸び悩んだという事で、移動する人が減ったので、隙間時間でやらなくなった人も多いのでは無いでしょうか。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO60572190Z10C20A6EA5000/

私の周りでも仕事中に普通にゲームをやっている人が居て、集中できないから開き直ってゲームやるとかな分かるんですが、何かに囚われるようにゲームをしているのでコレは明らかに中毒傾向だという人がいます。

 

好きなことをするのは素晴らしいことです。しかし、それが行き過ぎている事があります。

どの時点で中毒になるのでしょうか?

ゲームは約50年前から存在しているにもかかわらず、その有害性に関する研究は初期段階です。

問題のある行動を中毒と呼ぶべきかどうかについては、定義や測定方法が異なるため、研究グループによって異なる結論が出ています。

WHO(世界保健機関)は、2018年版の医療参考書である「国際疾病分類」に「ゲーム障害」を追加しました。

しかし、アメリカ精神医学会の精神疾患の診断・統計マニュアル(DSM)は追加しませんでした。(現在のところ、依存症の可能性がある「活動」として挙げられているのはギャンブルだけとしています)

このように厳密なゲーム依存症という状態を定義できていないのが現状ですが、少なくともゲームによって他の行動抑制が行われることをゲーム障害としています。

 

ゲーム中毒は障害か?

ゲーム障害は「ゲーム中毒」と呼ばれることもあり、オンライン/オフラインゲームを含む行動パターンで、コントロールが難しく、生活の他の分野で深刻な悪影響を及ぼしているにもかかわらず、継続してしまうものです。

専門家の間では、深刻な問題のあるゲーム中毒が、本当に薬物やアルコール依存症と同じ意味での「依存症」に該当するかどうかについて議論されています。

しかし、最近、世界保健機関(WHO)は、国際疾病分類(ICD-11)の第11版で「ゲーミング障害」を精神疾患として公式に認めました。

このガイドによると、ゲーミング障害はゲームに対する「制御障害」として特徴づけられ、他の興味や活動よりもゲームが優先される状況を示唆しています。

賭博的行動は、人間関係、学校、仕事などの分野で”著しい問題”を引き起こしたとしても継続してします。

ゲーム性障害は、米国の行動健康診断に広く用いられている「精神障害の診断・統計マニュアル(DSM)」には正式には含まれていませんが、マニュアルの最新版である「DSM-5」では、今後の研究としてインターネットゲーム性障害が挙げられています。

暫定的な基準としては、インターネットゲームをやめたときのイライラや悲しみなどの禁断症状、ゲームに対する寛容さや必要性の増大、ゲームの量を偽っていること、ゲームをコントロールしようとして失敗していることなどが挙げられます。

 

注意すべき兆候

問題は、オンライン/オフラインでプレイしているかに関わらず起こる可能性がありました。

あなた自身、またはあなたの近くにいる人、パートナー、子供、友人に何を注視すべきかを記載します。

DSM-5で提案された基準によると、1年間で下記の兆候が5つ以上あると問題があるとされています。

  • ゲームのことをいつも、またはずっと考えている
  • ゲームをプレイできないときは気分が悪い
  • 気分を良くするために、より多くの時間をゲームをプレイする必要がある
  • 辞めることができない、遊ぶことが少なくなった
  • 以前は好きだった他のことをしたくなくなった
  • ゲームが原因で仕事、学校、家庭で問題が発生した
  • これらの問題があるにもかかわらずゲームをプレイし続けている
  • 身近な人にゲームにどれくらいの時間を費やしているか嘘をつく
  • 悪い気分や気持ちを和らげるためにゲームを利用している

 

もちろん、よく遊ぶ人すべてがゲームに対する問題を抱えているわけではありません。

専門家の中には、単にゲームに非常に熱中しているだけである人達にレッテルを貼るのは有害だと言う人もいます。

彼らが同意しているのは、提案されているビデオゲーム中毒の基準を満たすプレイヤーの割合は少ないということです。

大人も子供も含めた全ゲーマーの1%から9%と推定されています。女性よりも、男性特に青年に多く見られます。

 

まずは自分自身にいくつかの質問をしてみることから始めてみ見ましょう。

ゲームをしていると、人間関係や仕事、学校に通うことなど、人生の他の重要なことに支障をきたしてしまうことがありますか?

プレイすることが好きなことと、プレイしなければならないことの間の一線を越えてしまったと感じていませんか?

うつ病のような深い問題を避けるためにゲームを利用していませんか?

 

自分で問題を確認するのは難しい場合があります。

あなたがゲームに費やす時間は、あなたには問題ないように見えるかもしれません。

しかし、もし身近な人が多すぎると言うなら、ゲーム時間を減らすことを考えるべきなのは間違いありません。

 

子供がゲームに費やす時間を気にしている親御さんは、子供の学校での成績や友達との付き合い方を見てみましょう。

成績が良く、親との関係が良好であることは、子供のビデオゲームが問題になる可能性が低いことを示しています。

 

ゲームはメンタルヘルスの問題なのか?

オンライン/オフラインのゲームは、社会的およびレクリエーション的な利益をもたらすことができ、ゲームをプレイする人のほとんどは、臨床的に問題のある使用を示すことはありません。

メンタルヘルスの専門家が懸念するゲーム内容には、ゲーム以外の機能を犠牲にして「長期的または反復的な習慣」が含まれており、親密な人間関係を損ねたり、教育やキャリア目標の追求を妨げたりする可能性があります。

ゲームに熱中したり、長時間激しいゲームをしたりしても、生活に支障をきたさなければ、障害や依存症を示すものではありません。

国際疾病分類ICD-11では、生活の他の側面を圧迫するようなコントロールする事が難しいゲームは、診断を下すために通常1年以上の期間にわたって調べる必要があるとしています。

ゲーム障害は定義や測定方法が異なるため、有病率の推定値は大きく異なります。

ゲーム障害を診断として確立したWHOは、ゲーム障害と分類される人はゲーマー全体のごく一部であることを強調しています。

DSM-5によると、ゲーム性障害は青年期の男性とアジア諸国で最も多く見られるようです。

 

ゲーム問題の防止

ゲームに費やす時間をコントロールするために、大人も子供も同じようにこれらのヒントを試してみてください。

  • 遊びの時間制限を設定し、それを徹底的に守る。
  • ゲーム時間が長いのが家庭環境の問題である可能性を振り返り、問題点を抽出する。
  • 夜中に遊ばないように、寝室から携帯電話やその他のガジェットを出しておきましょう。
  • 運動を含む他の活動を毎日行う。そうすることで、長時間座って遊ぶことの健康リスクを軽減することができます。

特定の種類のゲームが問題のあるゲームになりやすいかどうかは誰にもわかりません。当面は、お子さんの年齢に合ったゲームだけをプレイさせるようにしましょう。

 

困ったときは

ゲーム時間をコントロールする事が手に負えなくなったと思ったら、すぐに医師やセラピスト、または心配している人がお子さんの場合小児科医に助けを求めましょう。

ビデオゲーム依存症の治療に関する研究は初期段階にあります。治療法の一つとして、CBTまたは認知行動療法と呼ばれるものがあります。

これはメンタルヘルスのカウンセリングで、ゲームに関する考えを置き換えて行動を変える方法を教えてくれます。

あなたがゲーマーの親であれば、ゲーム時間の縮小に断る事に苦労している場合、セラピストは子供のプレイ時間を制限する方法を示すでしょう。

ある研究では、親を子供の治療に参加させることで、治療がより効果的に改善されることがわかっています。

Twitterでフォローお願いします

おすすめの記事