iij_to_uq_transfer

筆者は前職の時に、社外の協力会社の人と情報共有を行うために社外用プライベート端末が必要でした。利用条件として「電話はしない電話機能が必要な場合はSkypeかLINEを利用する」事を前提としています。

そのためMVNOを利用し携帯電話を2台持ちしていたのですが、その際に利用していたのが「IIJの格安SIM」です。(一応キャリアとしてdocomoを所持しています)

IIJは5年間利用していましたが、IIJを利用していた理由は、当時(およそ5年前)はIIJがドコモの基地局を利用しているという事もあり通信速度と通信安定性が共に良いという評判が多かったからです。

実際のところ前評判通りで、この5年間そこそこの安定性と速度はありました。

しかし個人的に1番気になったのは朝晩のどこかで通信が途中でジャムる(詰まる)感じがあったと言う事です。(特に電車移動中)

端末を変えても同じ事が起こったので、キャリア側の問題である確度は高く「データプランしか契約してないしまぁこんなもんだろう」と心の中で思いつつも、いつか乗り換えたいなーと思い数年が経っていました(笑)。

 

MVNO選び事始め

新しく乗り換えるにあたり難しかったのが、どのキャリアを選ぶかと言う事です。

格安SIM関係で調べると何故か脈絡も無く記事の最後でmineoとLINE mobileを押す人達が多かったのですが、これはこの2社がアフィリエイト掲載しているためでしょう。

そのためこの2社は選考対象外とさせて頂きました。(速度計測を見た限りmineoのauプランは夜だけは早いですが朝昼は遅いか普通といった程度で他のキャリアプランも同等です)

自分が最終的な判断基準としたのは以下の2つです

 

1.速度検証を行っていなるサイトの朝昼晩の数値確認

格安SIM系は、時間帯によって通信量と速度が大きく変わるものがあるため、一概な評価には注意する必要があります。

下記のサイトを見るとわかるのですが、Y!mobileとUQモバイルは全時間帯でほど安定的な速度供給が出来ています。

Y!mobileに関して言えば親会社のソフトバンクより速いほどです。

これはY!mobileがイー・アクセスとウィルコムを吸収合併して出来た会社なので、既存基地局を利用出来るからです。

国内だとやはりau系の通信事業者を利用するのと、全体的に速くて安定しています。

格安SIMの通信速度計測

格安SIMの通信速度は遅い?実際に計測してわかったランキング【2020年6月】

 

2.ヨドバシカメラとビックカメラの店員それぞれに聞いた

家電量販店に行くのが好きなので、買物ついでに冷やかしで聞いて来た結果ではあるのですが、ビックとヨドバシそれぞれ別店舗で中立な店員、計9人に聞いたところ、「3大キャリアと同等の速度を求めるのであればY!mobileかUQモバイルしかない」と言うのが最終的な決め文句になっていました。

違うお店でしたが、もしかしたら店員さん自体が同じ説明を受けているの可能性はあります。

上記の計測結果を見ても、Y!mobileとUQモバイルは全時間帯ほぼ安定的な速度供給をできていそうなので、おそらく言っている事に間違いはないと言う仮説です。

ただしY!mobileは価格帯がわかりにくく、数年すると1000円値段が上がってしまうので、価格帯が他より高くなるため注意が必要です。

 

そう考えると必然的にUQモバイルになったわけです。

実際UQモバイルに変更後、通信時に詰まったような感覚もなくなり、通信速度も普段使っているdocomo回線と違いも感じなく、ゲームをやっていても快適です。

IIJとUQモバイルなんて微々たる差だとは思いますが、使用感的にMVNOを変更して万々歳でした。

登録時にau idが発行されるので、昨今の使い道としてQRコード系の決済(au pay)とも組み合わせていけるでしょう。

またUQ mobileは、6月1日に新料金プランの「スマホプランR」を導入する様で、データ容量は月10GBで容量超過後も1Mbpsで通信できる新プランを2980円(税別)で提供するそうです。これは楽天やY!mobileに対する対抗策であり、2020年10月にはUQ mobileはKDDI(au)と統合しサブブランド戦略をやっていくと言う事です。

Twitterでフォローお願いします

おすすめの記事