battery_life_test_s

バッテリー寿命についての議論は現在も続いているのですが、「使用する分に十分なのでそれほど悲観する物でもない勢」と「競合と比べてやはり酷い勢」に意見は二分されています。

 

有用なソフトウェアを使う、またはソフトウェアで補おうとすれば必然的にメモリを使用することになりバッテリーを消費する傾向になるものの、現状3,700 mAhあれば不安になる時はありつつも早々に使い切ると言った事はないと思います。

 

海外では不安症の人が出て来るほどバッテリー寿命というものが明確な関心ごとになっているようで「Googleは明らかに、バッテリー寿命が人々の関心事であることを認識していないようだ。」とさえ言われています。

 

という事で海外のレビューとスコアテストを紹介しておきます。

レビュー内容

良いレビュー

このテストでは、2台の電話機の明るさ、スピーカーの音量、および充電をすぐに一致させることで、できるだけ多くの条件を一致させる事に勤めています。

両方のデバイスが同じネットワーク上で1時間の電話を行います。

次に、2つのデバイスを1時間メッセージングし、チャットボットを使用して実際の会話をシミュレートします。

この時点で、2つのデバイスは2、3パーセントのポイントでのみ乖離が見られます。

さらに、1時間の電子メール使用と、その後の1時間のWebブラウジングが含まれます。

これにより、Pixel 4 XLのバッテリーは66%になり、iPhone 11は72%です。

Instagramを1時間スクロールすると、両方のデバイスのバッテリーが10%失われます。

次はスタンバイテストで両方のデバイスを16時間放置して、Pixelが14%低下し、iPhoneが10%低下します。

テストを締めくくるのは、iPhoneが前進し続けるYouTubeビデオを1時間見ることと、1時間のゲームです。

Google Mapsにジャンプすると、Pixel 4 XLはアプリを使用して43分後にバッテリー切れになります。

iPhoneはSpotifyストリーミングテストで1時間後にバッテリー切れになりました。

最終結果では、Pixel 4 XLのバッテリーを7時間43分の使用時間と16時間のスタンバイ状態にしました。

一方、iPhone 11は、8時間43分の使用時間と同じ16時間のスタンバイで、さらに1時間を使用しています。

PixelはAppleの手頃な価格のデバイスの後塵を拝していますが、解像度が高く、リフレッシュレートが速く、電力消費量の多い内部構造を考えると、それほど悪い合計結果ではありません。

Pixel 4 XLのバッテリー寿命は、みんなが言うほど悪くはありません。

 

悪いレビュー

Google apparently still hasn't realized battery life is a thing people care about.

Googleは明らかに、バッテリー寿命が人々の関心事であることを認識していないようです。

特にAppleの新しいiPhone11シリーズに対してバッテリーを主な焦点にしたとき、GoogleはPixelのバッテリーに集中を合わせる必要があります。

レーダー、90Hzディスプレイ、長時間露光カメラを追加しても24時間の通常使用時間を達成しなければ意味がありません。

Pixel4モデルには18Wの充電アダプタが付属しており、これはPixelが最初から出荷していた同じ18W充電器です。

他のメーカーが25W、30W、40W、50W、さらには65Wの急速充電器を持っていることを考えると、Googleは再び遅れをとっています。

バッテリーはPixel4シリーズの中で最大の失望です。

どうやらGoogleは人々がバッテリー寿命を気にしていることを認識していないようです。

どちらのモデルもPixel Stand経由の10Wを含むQiワイヤレス充電をサポートしているが、ここでも逆ワイヤレス充電はありません。

https://www.androidauthority.com/google-pixel-4-xl-review-1040903/

 

スコアテストを含めたレビュー

Pixel 4シリーズのバッテリ持続時間は90Hzのパネルが搭載されていることが最初に確認された時点から懸念されていましたが、2つのモデルのバッテリー容量に関しては、特別なことは何も行われておらずむしろ低下していました。

Pixel 4 XLは60Hz、90Hzオート、90Hz強制リフレッシュレート、3つのディスプレイモードすべてでバッテリー持続時間をテストしました。

残念ながら予想されていたように結果はそれほど素晴らしいものではありません。

比較対象のデバイスはOnePlus 7 Proで、どちらのデバイスもSoCで1440p 90Hzのディスプレイを搭載していますが、Pixel4XLの方がバッテリー容量が小さく3700mAhです。

Pixel4XLはOnePlus 7 Proに遅れをとっていますが、興味深いのはGoogleの90HzがOnePlusよりも消費電力が少なく見えることです。

フル使用の90Hzと60Hzを比較すると7.7%対8.7%低下しています。

この結果とGoogleがLGとデュアルソースであるという事実を踏まえると、Pixel 4 XLがSamsungの効率性に優れた最新の有機ELディスプレイを活用しているとは思えません。

PCMarkでは結果も平均から不良です。

60Hzから完全な90Hzには12.3%のペナルティが発生しますが、これもOnePlus 7 Proの13.6%よりもわずかに低くなっています。

当然Googleの90Hzの方が効率的であるという結論には至りませんが、OnePlusの60Hz電源管理の方が実装が良いでしょう。

全体的に見てPixel 4 XLのバッテリー寿命はそれほど競争力がありません。
これは2019年のデバイスとしては最悪の結果です。

バッテリー寿命はOnePlus 7 Proよりも悪いですがそれほど悪くはないので、ここでは私自身に責任を持たなければなりません。

OnePlus 7 Proのバッテリー持続時間はまだ完全に使えるとはいえ、Pixel 4 XLも現状のままでも十分使用可能です。

問題はPixelが6ヵ月後に登場したという事で、新しいiPhone世代がバッテリー寿命を大幅に伸ばしたことを考えると、Pixel 4 XLはそれほど賢明な購入ではなさそうです。

小型のPixel 4のバッテリー寿命をテストできなかったのは本当に残念です。

このモデルの2800mAhバッテリーは25%小さく、またLGパネルを使用していることを示すワイルドカードも付いていました。

このモデルのバッテリー寿命が悲惨なものであることは容易に想像でき他のレビュアーが取り上げていることを考えると状況を適切に説明しているように思えます。

https://www.anandtech.com/show/15068/the-google-pixel-4-xl-review/5

battery_life_test

終わりに

個々人がバッテリー寿命をどの程度と考えるかによると思いますが、年内ほぼ最後に発売されたという割にハイエンドスマホの中では比較的持ちが悪い(一番遅く発売されたのに同年発売ではほぼ最低)というのが悪い評価を受けざるを得ない所です。

 

良い方のレビューである普通に使う分には十分と予測される程度のものだと思います。(とは言えバッテリー容量の劣る端末に音楽のストリーミング再生を1時間近く出来るだけ負けているのは如何なものかとは思いますが…)

 

ただハイエンドスマホだからと言って過剰に使っていると、バッテリーの寿命は想像よりは長くないので予想以上に充電器に手を伸ばしているかもしれません。

 

別途参考

別の方が分解をして検証されたハードウェア周りの内容もありますので気になる方はこちらもどうぞ。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事