pixel4xl_teardown_snap

以前「JerryRigEverything」が投稿したPixel 4 XL がもつ4つの問題という内容を取り上げましたが、これの続編として何故4箇所でスナップが起きたのかを検証する分解動画があげられました。

 

分解動画のため全文解説はしませんが見ていくと参考になり面白いので、耐久性テスト中にこのスマートフォンがフレームに沿って4か所でスナップすることになった理由を見ていきます。

 

この動画の前述内容である「The Pixel 4 XL has 4 little problems...」をまとめた記事もあります。

 

参考元

 

分解内容

2016年と2017年Google pixelはわずか数分で画面を交換できるので最も修理しやすいスマートフォンでした。バックガラスをこじ開けると非常に簡単に外れます。

Pixel4XLTeardown0

しかし、Pixel 4 xlの内部は、異なるサイズの一般的ではないネジと奇妙な金属製ブラケットの迷路です。

背面ガラスパネルはリボンケーブルでマザーボードに接続されたままです。

取り外す前にバッテリーコネクターを固定している4本のT4ネジを外す必要があります。

Pixel4XLTeardown1

背面ガラスリボンケーブル上に小さなブラケットを固定する2本のネジがあります。

それらを外してからカメラのフラッシュリボンケーブルをレゴのように外します。

Pixel4XLTeardown2

背面ガラスパネルを離すことができます。

デュアルLEDカメラフラッシュと上部レーザーオートフォーカスまでリボンケーブルが上がっているのがわかります。

Pixel4XLTeardown14

ガラスパネルには別のユニークなものがあります。

ワイヤレス充電NFCパッドはガラスパネルの表面に直接取り付けられています。

ほとんどのスマートフォンではガラスが取り外された後もワイヤレス充電が電話の内部に残っています。

しかしPixel 4 XLには当てはまりません。

ワイヤレス充電は、ガラスに貼られた巨大なステッカーです。

これは、携帯電話のクリアバージョンではクールに見えるかもしれません。

同じことがNFCの最上部にも当てはまります。

どちらも私が好きな銅の色をまだ残しています。試してみるべきだと思います。

Pixel4XLTeardown3

ガラス製の背面電話をクリアにするにはガラスの背面から色を取り除くだけです。

ガラス自体はステンドグラス窓のような色ではありません。巨大なカラーステッカーやサイケデリックな塗料を使っているだけです。

Pixel 4XLには透明なラミネート層があり、ガラスが割れたり砕けたりした場合にガラスを固定します。

しかし、色のついた部分はどちらかというと引っかきやすいパウダーです。

まるで巨大なスクラッチオフくじみたいですね。

念のために言っておくと携帯電話をクリアにすると保証が無効になります(携帯電話の価値が下がるまでお待ちください)。Pixelの場合は2週間程度です。

Pixel4XLTeardown4

これがPixel 4XLの明確な外観です。

昨年のPixel 3ほどクールではありません。どうやらPixel4少し手を抜いたように見えます。

Pixel4XLTeardown13

さらに深くなると、バッテリー上部の金属プレートの周りにさらに3つのネジがあります。

すべてのサイズが異なるので、それらを脇に置いて整理しておきます。

スクリーンリボンの上にある金属板を固定するネジが4本あります。

そしてもう一つのねじのついたプレートが隅のここにあります。

Pixel4XLTeardown5

家で追跡しているあなたのために5枚目の金属板を取り外しました。

Pixelは間違いなく今年修理性賞を受賞していません。

次の手順は小さなレゴのようにスナップを解除することです。スナップ、スナップ、スナップ、スナップ、スナップ.、スナップ、スナップ、スナップ、スナップ。

ネジが3本付いているスピーカーを引き出せます。ここでは物事がとても激しい。

この時点でいくつのねじがあるかわからなくなりました。

ボトムスピーカーの良いところは中に消音ボールが少ないことです。

この小さなボールは小さなスピーカーボックスがボックス内を移動するときに空気を湿らせ、実際よりも大きく聞こえるようにします。

Pixel4XLTeardown12

通常1番のSIMカードトレイを外します。

そして、3本ネジを外したら上のカメラセンサアレイを取り外せます。

8メガピクセル、1080pのセルフィーカメラに加えて、赤外線ドットプロジェクターと顔認識機能も搭載されている事が分かります。

Pixel4XLTeardown6

フェイスIDは目を閉じても機能する、非常に大ざっぱなものだという事を忘れないでください...

奇妙なことにデュアルリアカメラには独自のネジがありません。

それらはスマートフォン内部でグラグラであり、カメラの外側のレンズのブラケットで固定されているだけです。

マザーボードには最後のネジが1つ付いてフレームに固定されており全体が持ち上がります。

放熱のために背面に小さなピンク色のサーマルクリームが見えます。

除熱部分ではあまり多くのことが行われていません。マザーボードがなくなると背面カメラが出てきます。

左側に12メガピクセルの通常カメラ、右側に16メガピクセルの2倍光学ズームカメラがあります。

どちらも光学式手ぶれ補正機能を備えています。

Pixel4XLTeardown7

最近バッテリーを取り外すことができることが非常に重要になってきました。

バッテリーは永久に持たないので、数年後にバッテリーを交換して携帯電話の寿命を延ばすことができるのはいいことです。

Googleはバッテリーの下にプルタブを追加しましたが、これらはかなり難しくクールな音もしません。

3つのプルタブを全部壊しても、バッテリーはスマートフォンから取り外せたので悪くはないです。

バッテリーは3700ミリアンペアで、18ワットで急速充電が可能です。

次のスマートフォンで何を改善したいかと聞かれたら、ほとんどの人がバッテリ寿命、ストレージ容量の増加、カメラの向上などを挙げるでしょう。

そこでPixelは先に進み、フロントイヤースピーカーの隣にレーダーを追加しました。

Pixel4XLTeardown8

スピーカー自体はとても大きく、中に同じ泡とボールが入っているのでかなり良い音が出るはずです。

レーダーセンサーは上隅にあり非常に小さく、エネルギーの小さな波を放射して跳ね返るものを確認することで電話の前にある物体を検出できます。

跳ね返ってくる波を使って、あなたの手がしようとしているジェスチャーを判断しようとします。

個人的にはまだ試していないのでノックはしませんが、あまり使うことはないと思います。ただし、レーダー探知機は間違いなく使用します。レーダーよりもはるかに便利な気がします。

充電ポートのリボンは長方形のバイブレーターの横の下部にあり、レゴ風の小さなリボンコネクターが3つ付いている。

USB-Cポートの上部には水が入らないようにするための赤いゴムのリングが付いた大きな水害表示ステッカーがあります。ip68耐水性は1.5メートルでテストされました。

もう1つの機能は、携帯電話やプログラムをボタンのように押し込む機能です。

フレームの両側には薄い電子部品が並んでいて、手で強く握ったときに、小さな変化を感知します。

曲げ試験中、センサーは本当に混乱していたに違いない。そういえば、スマートフォンを作るときは、まずアルミの塊から始めます。

次にアンテナ線用のプラスチックを加え、プラスチックを落としてから携帯電話の形を削ります。

Pixel 4 XLを見ると、スクリーンの下の内部の背面がアルミニウムであることがわかります。

内部の側壁はすべての面が完全にプラスチックで外側の薄いアルミニウム層が厚い塗料層で覆われています。

Pixel4XLTeardown9

電話を曲げたときのプラスチックの厚さを確認できます。

耐久テスト中に作った亀裂が露出しています。

「Pixel 4は他のスマートフォンよりも少ない金属で作られており」おそらくそれが壊れた理由です。

Pixel4XLTeardown10

最近のスマートフォンの普及の良いところは、誰もが使えるものがあることでしょう。

Pixel 4 XLは私には向いていませんが、他の誰かのニーズに完全に合うかもしれません。

誰もがさまざまなことに自分のスマートフォンを使用しています。

もちろんGoogleは来年のスマートフォンにもう少し力を入れるべきだと思います。

彼らはAndroid全体を始めた人たちであり彼らはゲームのトップにいるべきです。

マザーボードを元の場所に戻し、リボンケーブルが下に詰まっていないことを確認してから、フロントカメラを備えたフロントセンサーアレイを元の位置に戻します。

すべてがモジュール化されているのは素晴らしいことです。

ただし、Pixel 4の修復はさらに難しくなります。下のスピーカーを元の位置に戻そうとすると、まだボールが漏れていることに気付きました。そこにはたくさんのボールがありました。

それらを捨ててから、バッテリーを4つの大きな金属プレートとともに元の位置に戻します。

Pixel4XLTeardown11

後で背面パネルに接着剤を追加して電話機に固定します。

そのガラスパネルが再び差し込まれると、準備が整いすべてがまだ機能します。

 

まとめ

ザック氏は徹底的に駄目な部分をあげつつ適切な指摘を指定いると思います。

もちろんGoogleは来年のスマートフォンにもう少し力を入れるべきだと思います。
彼らはAndroid全体を始めた人たちであり彼らはゲームのトップにいるべきです。

同価格帯のスマートフォンより金属が少ないというのは、分解をした時にプラスチックが多いのが見て取れると思います。

そしてそれこそが簡単にスナップしてしまった理由でもあります。

海外のレビューサイトを見てもソフトウェアは賞賛されていますが、ハード部分は同価格帯最弱のため比較対象がOnePlus 7 シリーズ(Pro)です。

巷で書かれているiPhoneから乗り換えられるかとかiPhone11proを超えたのか?という内容が、無償で端末を貰って書いてるため眉唾であるというのを見抜くのは中々難しいものです。

Pixel 4 XLは私には向いていませんが、他の誰かのニーズに完全に合うかもしれません。

とはいえザック氏のいう通り誰かしらの需要にハマる端末ではあるのかもしれません。期待薄ですが来年に期待しておきます。

 

関連記事

バッテリー寿命についてのまとめもあります。

この件の前半に当たる内容は下記です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事