s_adler_psychology

当ブログでも度々書いている通り、世の中にはおかしな人や事柄が多々ありますが、人間のおおよその悩みの原因は対人関係です。

変な人やヤバイ人とでさえ、分かりあえる、認められたい、という嫌われないように立ち回る生き方は不自由でしかありません。

こういった不毛な悩みから解放されるには「嫌われる勇気」を持つ事が必要で、この考え方と実践をアルフレッド・アドラーの「嫌われる勇気」と言う書籍から解説していきます。

 

アルフレッド・アドラーは個人心理学を構築した人物で「自己啓発の父」とされており、以前書いた記事で「原因論と目的論」という内容を書きましたが、嫌われる勇気という書籍の中では他にも幸せになるための3原則として下記を定義しています。

  1. 承認欲求を満たす人生は不幸になる
  2. 人生は競争ではない他者は仲間である
  3. 共同体感覚を得る

 

アドラー心理学でアドラーが提言する考え方自体は非常に単純で、目的を達成するための考え方と自己肯定感を養う事を推奨しています。

そしてこの自己肯定と目的論的な承認欲求の否定を考える上で大切なファクターになる「幸せになるための3原則」こそが優れた心理的防御術だと私は考えています。

 

承認欲求を満たす人生は不幸でしかない

アドラー心理学で最も危険だと指摘されているのは「承認欲求」です。

「人間(自分自身)は他人の期待を満たすために生きているわけではありません」。

そして承認を求めれば求めるほど、不幸になって行きます。

承認欲求を回避する事や、世間の評価を気にしなくするための方法としてアドラーが出した答えは「課題の分離」です。

これは堀江貴文氏など成功者が無意識に実践しているもので、課題の分離とはその名の通り「自分の課題」と「他者の課題」を分けることです。

承認欲求に負けてしまうのはこの課題の分離が正しくできていないからです。

自分の人生において出来るのは、自分が信じる最善の道を選ぶことだけであり、それについて他者がどのような評価を下すのか、承認するかは他者の課題でありどうする事も出来ません。

例えばあなたが大学を辞めて起業することが正しい道だと思ったらその決断を親が認めてくれるかどうかはあなたの課題ではなく親の課題です。

 

どうする事も出来ない他者の課題に関わらるべきではない、と言うのがアドラーの答えです。

誰の課題なのかを明確に区別し、人の評価ではなく自分が信じる道を選ぶという自分の課題に集中することが重要です。

承認欲求を満たすと言うのは他人から見た自分であって、自分自身の人生ではないと言う事を覚えておきましょう。

 

 


自己肯定感を養う実践方法として役に立つ書籍も載せておきます。

Twitterでフォローお願いします

おすすめの記事