s_useless_director

最近、自社で働いていた全く役に立たなかったディレクターが、昨今良く話題になるY社に転職したらしく、肩書だけで全く仕事ができなかった人を良く採用したなと思ったので、昔書いた駄目なディレクターに関する記事を思い出し掘り起こす事にしました。

 

ディレクションって結構誰でも出来る仕事ではあるものの、社内にはディレクションが出来ると言えるレベルの人がいません。

 

と言うか今の会社に入ってから、Web関係の仕事で仕事を進めるのが下手な人と遭遇する様になり、正直彼らがあまりこの仕事に向いていないなと思いディレクションについてまとめる事にしました。

 

駄目な要点

駄目だと思う所

仕事ぶりを見ていて明らかに悪手だなと思う事が多いのですが、そもそも仕事ぶりの何が駄目なのだろうかと言う点を見てみました。

 

  • 自分が考えたものが世に出た時どういう風に見えるかイメージできてない
  • 計画立案が出来ないので無計画を遂行しようとしている
  • なぜかお客様になっている
  • 自分たちのキャパシティを超えた仕様を考え、手に負えなくなっている事に気づかない
  • 引き継ぎや情報共有をしない
  • 小さな1つの案件を企画3人とかでやっている(出来ていないという事は1人あたりのマンパワーは0.33人未満)
  • 自分たちで企画を考えていない、よそのサービスのパクリ(イデオロギーが異なるものをそのまま持ってきても上手くいかない)
  • 改修の出処が妄想(定数的な試算をしてから根拠のある企画書を書くことから始める必要がある)
  • 自分で考えた仕様変更の影響範囲が分からない、仕様の矛盾も分かっていない、というか仕様を分かってない
  • 上の方の役職の人間が強引に推し進めた為最初から無謀な内容

 

そもそも駄目ポイントは何か

そして仕事ぶりの内容から駄目なポイントを抽出すると下記のような感じになるのではないでしょうか。

 

  • クライアントの言いなりor制作者の言いなりになる
  • 自分の意見(企画)を持たない
  • 期限を明確にしない
  • 今すべきことを後回しにする(タスクの水増し)
  • ステータスを共有しない
  • 口頭ですべて済まそうとする
  • 技術的な話から逃げる(未経験なのは良いですが学ばないのは違うかなと)
  • 資料を確認せずに横流しする
  • 自分の役割にしか責任を持たない
  • 定数的な立案が出来ない
  • 先んじて制作物の内容をすり合わせない
  • 自分のところに情報を保持できず垂れ流しor共有できない
  • 役職の高い人間の意見が絶対的

 

なぜちゃんとした仕事ができないのか?

働き方の改善が行われない事にも理由はあります。

 

  • 単純にロールモデルが居ないから仕事の仕方を知らない(同業種未経験の場合は特に)
  • 即席で仕事を奪って悦に浸っている人がいるため、本当はやるべき仕事をやらなくて良いと思っている
  • 仕事を補っている人が何をしているか知らないで自分勝手にやり続けている
  • そもそも資料作成が出来ない、もしくはとても下手
  • 突っ込まれてからやれば良いと思っている後手思想
  • 結果を出せていないのに案件を続けている
  • 何を言ったかではなく誰が言ったかで仕事が決まっている
  • 職種ヒエラルキーの絶対性(営業が強過ぎるとか)

 

良い要点

有能なディレクターが持っているポイント

逆に成果を出し続ける人もいるます。自分が過去に見てきた、利益や定数的な成果を出している人の働き方で思いつくポイントをまとめした。

 

  • 必要なことを機微に気づける気づき
  • 少し先をみた行動計画を考えられる先まわり
  • 関係各所と正しい形で案件を進められる中和力
  • 問題解が起きた時に改善方向に進められる解決力(行動力)
  • 駄目な上司の意見をやんわり流せる折衝力

 

企画という部分にフォーカスすると

  • 収益構造を理解し収益に結びつく企画提案やセンスの良さ
  • 画に書いた餅でなく実行できる行動力
  • 企画したプランを実現するための関係調整力
  • 関係者がすぐ判断でき納得する企画書作成

 

終わりに

ディレクション自体は難しい仕事じゃなく、求められる能力ってすごく普通の力です。

 

問題が起きた時を例にしてみると分かりますが、問題を改善するために行動をせず、積めたりする人は少なくない印象です。

 

こういった時、システム的な全容が分かっていないのであれば無駄に自分で深追いするより、逆に「これを解決するには何が必要ですか?」と素直に聞いてしまえる臨機応変さが優れた判断だったりします。

 

サービスの仕様はおかしな人がやっていればより複雑に、より煩雑になっていきますし、出来る人がやっていれば恐ろしくシャープに使いやすくなっていきやすくなります。

 

これは同じ問題に遭遇した時、足す事ではなく、引く事でやる方が難易度が高いからです。

 

そして日本人は教育的に「前進一方で一気に完璧な結果を出そう」としますが、サービスの運用は一進一退であることがほとんどです。

なので「前進後進を繰り返しながら最善の結果を求める」という事を意識して進める方が良いでしょう。

 

自分が企画職をやっていた時にも、先まわりと論理展開だけでも成果に結びつく仕事ができていました。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事