s_docomo_shop_google

先日ドコモのスマートフォンの投売りが始まり、ネットショップではAndroid系は全機種秒で完売してしまったのですが、店頭在庫とどの程度連動しているのか聞いて来ました。

 

というのも私の嫌いな知人が5件のドコモショップを毎日徘徊し、セール開始から3日後辺りで購入する事が出来たからです。

足りない店舗の適切に供給されている様のは見えなかったので、どんな管理をしているのか分からなかったので、店頭でスタッフさんにこの話と在庫についてのお話を聞いて来ました。

 

まず前提としてdocomoは店頭在庫は店舗ごとに管理されており、それが全店共通に裏側でコントロールされている事は無いそうです。

 

そのためキャンセルで余った端末が再供給されたり、入荷予定はなかったけど何故か1台だけ入荷されて来たなど、店舗毎にまちまちな供給がされているという話でした。

 

またフラグシップ店では今回のようなセールを行うと直ぐに売り切れてしまうそうです。

私が行った有楽町店は当日中は全機種2台はあったという話でした。

 

結構厄介なのがキャンセル待ちは電話が繋がらなかった時点で店頭に売出しています

 

つまりコジキ根性でどうしても欲しい場合、キャンセル待ちを狙って店舗を配下すれば在庫が再供給される可能性があります。(別の知り合いは旗艦店で31人のキャンセル待ちと言っていました)

 

意外と知られていませんが店舗の在庫確認をする事は可能です。dアカウントログインが必要で自分のmyショップが初期表示されます。

 

今回の件のようにキャンセルがあるので正則値とは限りませんがかなり有用なので、投売りセールなどでお目当ての商品があれば一瞥してみて下さい。

https://myshop.smt.docomo.ne.jp/products/index.html

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事