s_jrall_title

2019年記録的な暴風雨となった台風15号(ファクサイ)が2019/09/09東京に直撃し、当たり前ですが一部地域が冠水したほか、鉄道や飛行機が運休となりましたが、新幹線は意外とちゃんと走っていました。

 

夜間の暴風は寝れないくらいうるさかったので完全に寝不足です。

 

進路予想図を見ても分かる通り直撃時間は夜間帯のため、こうなると気になるのは翌日の鉄道の運行状況です。

hurricane

 

運行予定

JRは前日の夜から台風によるダイヤの変更を通知しており、夜間帯の運行が変更になっていました。

 

また翌日以降も8時まで運転しない方針としていましたが、台風の影響が凄まじく倒木に次ぐ倒木の影響で運休が相次ぐものの、昼過ぎには復帰しています。

倒木撤去作業ご苦労様でした。

 

記録している限りですが時間帯別の運行状況だとほとんど変化がないのが分かります。

私自身、午前10時前後に山手線が初動として動き始めたので、かろうじて乗る事が出来ました。

s_jrall

 

普段の突発的な遅延と違い、最初から駅に入場規制がされていたので日中ホームに誰もいないというもの珍しい光景を拝めました。(参考画像:横浜駅、大井町駅)

s_jrhome

 

場外の混雑状況

当初午前8時といっていたものが午前10時まで延期し、そこから運休が相次ぐ結果になったので駅の混雑は計り知れませんでした。

 

さながら「コミックマーケットJRステーション」なのか「ライブハウスJRステーション」なのか各駅でコミケやアミューズメント施設レベルの混雑が発生していました。(参考画像:大森駅、蕨駅、横浜駅、千葉駅)

jreki_all

 

JR川崎駅の混雑は、川崎駅のホーム前の通路面積でラゾーナ川崎の方まで人が溢れ出してしまっています。普段はイベントなどでラゾーナ側に列ができるので逆です。

s_jrkawasaki

 

他にも津田駅や鶴見駅も駅外まで行列が出来おり、駅からどれほど遠いのか分からないくらいの建物まで並ぶアトラクション待ち状態でした。

s_jrall2

 

もうこうなると並んでる時間が無駄なんですよね。

 

倒木撤去に関しては読めないところがあるためしょうが無いと思います。倒木撤去作業で鉄道内にクレーン車が入っていたのが見慣れない光景でした。

 

成田空港付近は完全に陸の孤島状態になってしまったので、今後交通が遮断される場所も警戒しておく必要がありますね。

 

混雑の原因

前日からの運休予定は正解でしたが、結果から見ると8時からの再開予告は無謀でした。せめて午前中いっぱい運休予定としておけば大行列にはならなかった気がします。

 

異常に混雑していたのは連続的な運休によるものではありますが、他線への振替乗車を行っていなかった事が輪をかけて混雑の原因になっていました。

 

また運行が著しく遅れたことにより、9,10時過ぎに活動する普段乗客率180%以上の満員電車に乗らない人達が動き出してしまった事で慢性的な満員状態になりました。

 

ちなみに私鉄や地下鉄(東京メトロ)や意外なところで新幹線は結構優秀で遅れはあるものの普通に運行しており、当然バスも動いていたので、やはりそちらへの振替乗車を積極的に行うべきだったのではないかと思います。

コスト的にしたくなかったのでしょうが、都心は実質4時間の運休および遅延状態となりました。

 

今後の教訓を考えると個人としては会社を休むんだり、ホームで宴会を始めていた人達が勝ちな気がします。

JRとしては今後の見通しに倒木対応と振替乗車(コストも含めて)を行う事を計画に盛り込んだ方が良いと思います。

 

これが何年後か再び東京に強烈な台風が直撃した時の比較材料になれば面白いなと書き残しておきます。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事