【キーボード】PFU HHKB Professional 2 (US)レビュー|本当の価値を後悔は教えてくれた

正直自分はキーボードに拘りがなく純正のキーボードで十分な人間です。そのためハイエンドキーボードを必要としていませんでした。

 

IT系のエンジニアだとPFU HHKBは無条件で賞賛する人も多々いるため、自分で購入することはまず無いと思っていました。

 

しかし職場でもPFU HHKB Professional 2こそ至高!妥協なし読め!みたいな人が多かったため購入して使用したレビューになります。(自分の使用環境はMacbook Pro 英字配列になります)

 

PFU HHKB Professional 2 英字

プログラマーや物書きの人に人気があり、自分とターゲッティングが合っているため信用買でした。

 

静電容量無接点方式であったりキー配列が考えられているなどの高級キーボードで、値段は税込29,700円です。

 

キー数が60しか無いためコンパクトに収められており、それを補うために独自のキーバインドになっています。

 

本体色は「白、墨」がそれぞれ存在し、ブラインド専用としてキーに文字がない「無刻印モデル」もあります。

 

日本語と英語でキーキャップの数が異なるため注意しましょう。

 

本体には厚みがあるためパームレストで調整している人を多く見かけます。

 

ちなみにBluetooth接続モデルは単三型電池2本が必要です。

 

打鍵全般

HHKBのキーボードが打ちやすく打鍵が気持ちいい理由は、同一メーカー商品の殆どのキーの押下圧が45gで静電容量無接点方式だからです。(Lite2シリーズのみ55g)

 

静電容量無接点方式でなかったとしても押下圧45gと言うのは多くの人間が気持ち良いと思う指数です。

 

引っかかりがなく吸い付くようなヌルッとした感じがタイピングするだけで気持ちいいですね。

 

打鍵音はトコトコ(スコスコ)言うような独特の音で、お世辞にも静かではないため打っている音がちゃんとします。

 

またキーキャップの高さが高いため、パームレストを利用している人が多いです。(キーボードやマウスの手前にあるパットやクッション)

 

不満点

キーバインドについて

正直戸惑ったのは「Delete-BackSpaceキー」と「矢印キー(arrowキー)」です。

 

標準がDeleteキーの挙動のため背面のDIPスイッチを設定しないとバックスペースになりません。

 

MacのUSキーボードはバックスペース<->デリートをFnキーと同時入力で切り替えることが出来るのですが、これが標準で出来ず、デリートは1つ上のチルダキーとの同時押しがどうにもキモイです。

 

標準に近い形を実現したい場合は適当なキーバインドアプリを使う必要があります。

 

個人的に一番厄介なのが矢印キー(アローキー)でした。

 

最初に「あれ?矢印どこだ?」と思い探した結果、カーソル移動はFnキーと右側の記号群を合せて使います。

hhkbpro2

 

思わず自宅で「いやviかよ!」と言ってしまいましたが、この商品はキーの数が60しかないため足りないキーが多々あります。このせいで生じた弊害の最たるものではないでしょうか。

 

自分でも気づかなかったのですが、ソースコードを見るときや大量に文書を書くときに私は無意識にキーカーソルを頻発して使っていたのです。

 

低頻度であれば妥協して使えますが、私はキーボードの同時押しは左手しか使わない使い方をしてきたのでやはり性に合いませんでした。

 

流石に高頻度で利用するものをこのキー配列で使うのは無理だと判断し、PFU HHKB Professional 2(US)は塩漬けになっています。

 

昨今の自作キーボードのコンパクトな完成品を見ていると現在の配列が合理的だとは思いませんでした。

 

アクセサリー(オプション品)が微妙

自作キーボードが流行りだした昨今においては関連商品が貧弱なように思います。

 

他の製品と比較するとこの製品だけキーキャップの構造が異なります。

 

通常のキーキャップは十時に切れ込みが入っておりそれをはめ込むのですが、この商品は穴の空いた丸です。

 

ちょっとカスタムしたいなと思った時に海外サイトを散見しても容易に類似品が手に入らないのが非常に苛立たしく思いました。

 

また尊師スタイルが出来る「キーボードブリッジ」や「上部保護用のケース」「移動用のケース」などをメーカーが品切れのまま放置しているため商売っ気が見えません。

 

この辺りの関連商品も現在は完全に自作キーボード系に食われたので2次創作で補われる事も少なくなりました。

 

まとめ

押下圧45〜50gで静電容量無接点方式のキーボードは打ちやすいです。

 

打鍵に一日の長があるため打っていて気持ちいいのが、賞賛する人が多いのも納得です。

 

とはいえキーバインドはこの製品独自のものがあるため、この設計で打ちやすい人は最高の製品だと思います。

 

逆にメーカー独自の機構となるのでPC標準に準拠したいと言う人にはキー数が足りない構造が違和感を感じさせます。

 

昨今自作が流行りだした事もあり、拘りがある人はやはり自作最強かなと思いました。

 


Twitterでフォローしよう

おすすめの記事