【使い勝手を徹底レビュー】Google Pixel 3 XLは使えるAndroid端末なのか!?

 

Pixel 3シリーズの半額券をたまたま手に入れたので半額ならばと購入する事にしました。

 

値引き割合が一番大きくなる最大サイズ・最大容量のGoogle Pixel 3 XL 128GBをGoogle storeから購入したのでsimフリー版になります。

 

1ヶ月ほど使っていて良い点と悪い点が見えてきたのでレビューしていきます。

 

定期的に割引されているので、「割引情報」に記載しています。

 

開封の儀

国内のストアで購入したのに海外から商品が配送されて来ました。

受取り時に関税はかかりませんでした。

梱包は海外輸入品らしく結構適当です。

 

全く使っていませんが結構付属品が入っています。

 

純正のケースも同時購入しました。

写真は本体に埃が入らないうちにガラスフィルムを貼っています。

全体的にかなり薄く出来ており、背面は思ったより綺麗な作りになっていました。

ガラスバックが傷に対してかなり繊細なようなので注意しましょう。

全面ガラスでできているため、つるつる滑りやすく注意深い人でないと裸持ちは危険かもしれません。

 

ディスプレイ

ディスプレイは有機EL採用で解像度もコントラストも良くかなり綺麗です。

 

最近のandroidデザインは本体サイズに比べて表示画面のサイズが広いため見やすいです。

 

ただディスプレイの明るさの自然調節機能(輝度調整)が謎で少し暗い状態から始まり不安を覚えます。

 

色空間はiPhoneと同じため見比べてもそれ程大差はないです。

 

ノッチに関してはそこそこサイズがあるため人によって好き嫌いが分かれるでしょう。私個人はノッチの左右でアイコンが分かれるので結構好きです。

 

レスポンス性能

メモリ4GBと控えめだったので心配していましたが杞憂でした。(動画編集とかは流石に6GB欲しい)

 

歴代の機種たちでは何がしかのアプリがハングしていましたが、これはかなりサクサクで今の所アプリ使用時に詰まった事はありません。

 

Google純正機のためメーカーの余計なカスタムがないのでワンクッション分早く感じます。

 

それでいて現行のGoogleの機能をふんだんに使えるためGoogleが好きな人には良いと思いました。

 

POINTレビューでちらほら見ましたがレスポンスに問題があれば初期不良の可能性が高いのでメーカーに返品した方が良いでしょう。

 

携帯性

指紋認証の位置は背面に有り、人差し指が回しやすいため認識させやすいく良いと思いました。

 

しかし個人的に気に入らないのが取り回しが悪いという点です。

 

長く使ってわかったのが、同じサイズの強豪に比べて重量が少しだけ軽いはずなのに持ち辛いせいか取り回しが悪いです。

 

私は同じサイズのBlackberryの端末からの機種変更なのですが、重さや掴み辛さを感じたことが無いため、持ち辛さや重さに不快感を持っています。

 

片手でゲームをする時などは小指を下に回さないと支えられないのですが、重いせいで疲れるのと、この重量だと完全なスマホ指になります。

 

逆に両手で持つにはサイズが中途半端なのとディスプレイのエッジが邪魔なのでどういった想定で作られたのかが非常に謎です。

 

以前GoogleのProject Araが「スマホ本体を落とした時にモジュールがバラバラになってフレームから取れてしまう可能性があるから」と言う理由で販売を延期し最終的にポシャったのを思い出しましたが、とにかく人間が普段の生活の中で手に持って利用することをあまり深く考えていないなと感じました

 

ポケットから出す、カバンから出す、手に握る、アプリを使う、ゲームをする(片手両手それぞれ)、置く、落とす、といった基本動線はないがしろにされているのではないでしょうか。

 

バッテリー

バッテリー持ちが良いと言うほどではなく、本体とバッテリーサイズから考えると物足りなく本当に微妙と言う表現を体現しています。

 

置いて置くだけで何もしていなくても2,3時間で5%バッテリーを消費しているので、一体何に電力を使っているのか気になります。

 

普通にネットサーフィンやアプリのしよう程度であれば1,2日は持ちますがこれは同価格帯のスマホも同じだと思います。理論計測だとおよそ8時間ほどでバッテリーが尽きるようでした。

 

当然3D機能や位置情報によってバッテリー負荷は変わってきますが上記以上のスピードでバッテリー消費をしていきます。

 

PD対応なので充電速度は当然速く、フル充電も1〜2時間を見て置けば良いと言ったところではないでしょうか。

 

カメラ

このサイズのスマホには軒並みリアカメラが2台搭載されていますが謎のこだわりからシングルカメラです。

 

Night Sightという夜景モードはソフト的な処理で美しい写真を撮れるという、シングルカメラでもソフトウェアで対応できることを証明しています。

 

本来であればレンズ数の増加に伴う価格高騰に対して価値のあることなのでしょうが、普通に本体金額が高いので謎のこだわりレベルになっていて残念です。

 

iPhone7と撮り比べてみましたが見比べると意外と普通かもと内心思っています。

左がiPhone7で右がPixel 3 XLです。

 

アクセサリー

市場優位性のない製品が一番困るのがまともなケース、フィルム無い問題です。

 

大体海外物はメーカー純正を利用するのですが、Pixelシリーズはファブリック素材です。

 

ファブリック素材はポケットやカバンなどから取り出し安いというメリットがある反面、6インチ以上の180g以上のXLサイズスマホだと手から滑ると言うデメリットがあります。

 

Pixel 3 XLは絶妙に持ちにくいのと合間ってメーカー純正品としてはいまいちです。

 

Pixel 3をベースに生産コストだけを考えて販売しているのだろうなと。

 

現状も純正品とSpigenのケースを使い比べてみていますが最適解でななく妥協点レベルです。

 

保護フィルムは妥協でエレコムのガラスフィルムをつかつていますが、pet製フィルムでよければPDA工房のものがサイズ感的に良いです。

中華直販の謎のフィルムはお金を捨てるだけなので買わないようにしましょう。



購入特典

Google Play Pointsがゴールドになる特典が付いているのですが、これはPixel 3シリーズで初めてアクセスしたアカウントに対して36時間以内にgmailで送られてくる方式です。

 

私は24時間以上経過してメールが来なかったためGoogleに問い合わせてみましたが36時間経過しないと特に出来ることは無いと言われました。

 

翌日無事にメールは送られ来たためゴールドステータスになっています。

 

まとめ

Google純正機のため全体的にシンプルでうるさくないのは好印象ですがスペックの割に値段が高く期待外れ感は否めません。

 

評価が難しいところですがandroidスマホの中でかなり多くの人にお勧めできる端末であることに間違いは無いです。

 

前評判通りカメラや速度レスポンスは性能が良いと感じましたが、コスパを考えると他商品の方が良いものが有ると言うのが現実です。

 

私は50%OFFの65,500円で購入出来たので値段相応と感じていますが、これが定価の131,000円と考えた場合購入する価格ではないと思っています。

 

これだけセールを連発してるのをみると価格のつけ方が間違っていると言えます。これを10万超えで購入している人はお金持ちだなと関心しています。

 

如何せんスマホは日常製品のため取り回しが重要です。平均的に使い辛くストレスが溜まったり壊してしまうと元も子もありません。

 

そこが担保されていないのはいかにもシステム屋の大ボスでありハードウェア作りが下手なGoogleらしいなと言う感想です。

 

どうしてもPixelが使いたい場合はPixel 3aシリーズか、少なくともXLではない通常のサイズをお勧めします。



 

割引情報


 

Pocket

コメントする