三項演算子でif文を実施したい時に何を求めて調べているかといえば、

判定結果の真偽値が右か左かどっちだったかという事なんですが、

大体の記事で「ifでかくとこれと同じです」とか回りくどい内容が出てきます。

知りたいのはこれだけ。

(条件式) ? (真式) : (偽式);

「左が条件に一致する」時の結果、「右が一致しない」時の結果なので、この例だとコイキングはまだレベル19なので進化フラグが"0"のままでギャラドスになれないという事になります。

 

※ちなみに三項演算子の左側だけが必要な場合はこんな感じで書けます。

$conditions==true の場合のみ $result=1になります。

 

三項演算子は行が短くなるものの読みにくくなるため、基本的にはif~elseの方が望ましく、三項演算子で簡潔になるときには使おうくらいの感じがいいと思います。

当たり前ですが行数を短くするよりも、他人が理解するのにかかる時間を短くすべきです。

私は三項演算子否定派ですが、既存で書かれている処理を置き換える必要は薄いので、出て来た時に意識する程度です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事