【Google】Google MAPの異常に長い店名について

Googleマップの劣化についての記事が度々話題になっていて、昨年末ビジネス汚染された店舗名が増えたと言う内容の補足内容になります。

個人的にはサービス同士が矛盾し始めているなと言う印象です。

やたら長い店舗名について

元記事の内容がどうかというと、Google Mapで表示される飲食店やお店の店舗名に第2検索ワードや店探しの条件を入れまくっていると言うことです。

 

Mapとして利用するという事は見たい情報は店名のみなので非常にやかましい情報です。

 

下記は修正される前に実際に存在した店舗です。

f:id:peko-the3rd:20181129093722p:plain

私見ですが昨今Googleのナレッジカードグラフなど機能が増えて、自分がGoogle内のどの機能で検索しているか分からず、無意識にキーワード検索している人が増えている事もこう言った現象に拍車を掛けているのでは無いでしょうか。

 

またこう言った取組は、自称web関係者がseo対策として吹聴しているようなので増加の一途を辿っています。

 

修正依頼をして気づいた事

検索候補に長い名前があるのが目障りなので修正依頼を投げました。

 

複数店舗を見ていて気づいたのが、入力にいくつかのパターンがあると言う事です。

  1. 多いのが店舗名に墨付かっこを付けて附帯情報を中黒(点)で区切る
  2. 店舗名と附帯情報を縦線で区切って附帯情報をスペースで書いている
  3. 店舗名と附帯情報をスペースで区切ってスラッシュで書き連ねている

 

上記の2つが目立ちました。特に一部のチェーン店で高頻度で利用されていました。

 

自称コンサルや飲食系サイト運営の入れ知恵だと思っていますが、傾向を見るに、おそらく代行業者が自動化するにあたりbot作成のノウハウを持っているのだと思います。

 

実際修正依頼が反映されてから暫くすると、同じ名前に戻っている事が度々ありました。

 

これがbotやクローラーでは無いと言うことは考えにくいと思います。

 

Googleについて

Google的にはユーザー同士が正しい情報を修正していく事が望ましいと言うスタンスのようですが、おそらく店舗登録/更新しているのは代行業者のbotやクローラーです。

 

修正編集しても、すぐに公開されるものと審査中から進まないものとの違いもユーザー的には全くわかりません。

 

そして「ユーザーのノイズになるような情報」でも「正しい情報」でも編集の優位性が等しく同じと言うことは、自動化できる分「機械>人間」と言う事になってしまい、聞こえの良い理想は商用利用の温床になっている気がします。

 

どのようなアーキテクトになっているか分かりませんが、複数の修正依頼を投げ続けると、あるポイントからサーバーエラーが起こりやすくなるのもダメです。

 

データ全量が多いのは分かりますが、であれば高頻度の編集を許容している事がサービスとして望ましく無いですね。

 

根本対応やノイズになる情報を入力している場合は検索優位性を下げるような検索アルゴリズムにするなど対応が必要な気がします。

 

Googleのビジネスモデルは広告事業なので、どんなやり方をしていても見られるようにしている事を肯定しているんでしょう。

 

あまり深くは言えませんが先日Googleの人と仕事をした時に自分よりも給与が倍は貰っているであろう人たちがこの程度なんだなと思ったのをふと思い出しました。 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事