tips_distinguish_people_dismissed

不運な事に現在の職場には前職で更迭された人が何人か居います。

結論だけ話すと、やばい人が何かの弾みに転職し、職場で訳の分からないことをし続けた結果、周囲の6割が退職しました。

個人が消えていく分には構わないと思いますが、周りを消していくのはよほどの事態だと思います。

「やる気のある無能」という一番怖い人物は、環境破壊と不利益をもたらします。

会社から人事処置を受けている人は何がしかの問題児であった場合が多く、総じて似たようなタイプの人間だったので、更迭人事についてと対象になった人の特徴について纏めました。

 

移動人事とは

失敗は誰にでもありますが、出来る人は失敗の後が違うため、失敗でも成功でもその後の理由を検証したり「まぐれ当たり」を「幸運」で片付けたりはしないものです。

こう言った人は面接などで失敗談とその時どうしたかなどを聞いてみれば直ぐに判断出来ると思います。(高尚な作話の場合無理ですが)

 

異動という観点だけで見れば、教育に伴う異動という組織采配もありますし、自分のキャリアに幅をもたせるための移動というのもありますが、自己意識が無い異動の多くは厄介払いの人事異動です。

単に邪魔なのであれば窓際で良いですが、「そこにいることで周りに悪影響を与える人材」だからこそ、会社としては異動による自浄作用を検討します。

よく言う飛ばされたという奴です。地方とか海外とかが分かりやすいですね、部署異動というケースもあります。

大きい会社なら出世組が行くところと処理組が行く場所はある程度決まっているはずなので、社内事情に精通している人なら何処へ行ったかで直ぐに分かると思います。

Twitterでフォローお願いします

おすすめの記事