gouinn_kyoukann_sinri

他者と関わる上でもっとも重要なことは
他の人の目で見、他の人の耳で聞き、他の人の心で感じることだ。
アルフレッド・アドラー

 

職場でやばい人達は、何故かだいたい同じカテゴリーというかグループに収まっています。

この人たちの目線や心理は稚拙なので、当然ですが協調するべきものではありません。

1番やばい人はずーっと話し続けその時に共感を求めるています。

やはり感覚の鋭い人達は手早く離脱していますが、これが1番賢い方法です!

女性が共感を求めるのは分かりますが、男性が極度に共感を求めてくるのは不自然なので共感について調べてまとめています。

 

共感を求めることの問題点

共感と理解は異なるもので、共感は生じるものであって努力して得るものでは有りません

そのため共感が起こらない人にそれを求めることは「共感できないお前はだめな奴」という人格攻撃を行う口実になります。

所謂「レッテル貼り」

共感を押し付ける人は、潜在的に共感は理解よりも良いものだという思い込みがあります。

共感は心理的なものであり良いものだ、理屈は利己的なものであり悪いものだという考え方をしている人もいます。

問題は共感を簡単なものだと考えるために、出来ないのではなく単にやる気がないのだと受け止める事になります。

共感しない人は自分を拒否しているという極端な単純化に繋がり、結果共感しない相手に対して不寛容になり攻撃したり排除したりするわけです。

 

対処法

上述した経験から、自分が身に付けた防衛策の1つを記事しました。

心理の防御的手法はいくつかあるので記事を追記していければなと思います。

Twitterでフォローお願いします

おすすめの記事